STAFFスタッフ紹介

宮崎 悠
代表理事

宮崎 悠みやざき ゆう

生き物とそのウンチクが大好きなヒゲのガイド。
専門は「八放サンゴの分類学」だが、海の生き物から昆虫、爬虫類両棲類、植物まで幅広く興味を持つ。好きなフィールドは水辺や湿った場所。自然の在り方、生き物の生き様を知ることを通して、「生命・生物とは何だろう」というのを追求するのが大きなテーマ。生物の写真撮影が趣味。博士(理学)。

仲栄真 礁
理事

仲栄真 礁なかえま しょう

沖縄生まれの沖縄育ち、海の生き物だいたい友達なウチナーンチュガイド。
サンゴがもつ光るタンパク質とストレス応答の関係を研究していた他、沖縄本島の海岸環境を40年前と比較する調査にも参加。それ以来、沖縄における人と自然の関わり方が最大の興味に。砂浜に寝っ転がって微小貝を集めたり、午前中の鳥のさえずりが賑やかな森を歩いたりするのが好き。博士(理学)。

玉那覇 聖子
理事

玉那覇 聖子たまなは せいこ

沖縄に生まれ、高校まで県外(横浜・所沢・福岡・熊本)を転々とする。
アクアリウムに囲まれて幼少期を過ごした影響か、水族館で働くことが夢だった時期もある。琉球大学でニシヨモギ由来ペクチン様多糖について構造決定、生理活性の研究を行った。修士取得後は県内の中学・高校で理科教諭として、また個別学習塾で教鞭をとる。その経験を活かしキュリオス沖縄を設立。趣味は美を追求すること。現在は一児の母として奮闘中。

佐藤 寛之
理事

佐藤 寛之さとう ひろゆき

通称「怪人」。大学院ではスッポンの研究をおこなう。県内での生物生息調査・植生調査など数多くの調査活動に関わる。傍ら、沖縄県内で標本作りや草木染め、石器・骨器制作などさまざまな形で自然環境と人とのつながり方について普及啓蒙する活動に携わる。理科教育に用いる教材作りや、実験の考案などにも数多くの実績を持つ。子供にとっても大人にとっても、「よく分からないけど何かスゴいし、何でも知ってる怪しい人」。イタズラを子供達に教えさせたら、おそらく右に出る者はいない。
1973年生まれ。博士(理学)

  • 著書:
  • ・フィールドの生物学シリーズ16琉球列島のススメ/東海大学出版2015年,278pp.
  • ・おきなわ自然さんぽ/鹿谷麻夕・鹿谷法一・藤井晴彦・佐藤寛之琉球新報社 2015年,112pp.ISBN978-4-89742-183-4
  • ・海のがっこう―教師向け海辺の観察会企画マニュアル/鹿谷法一・佐藤寛之

SNSでもお待ちしております。
気軽に遊びに来てください。

LINE@ でもお問い合わせを受け付けています。

  • LINE@
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter

お気軽にお問い合わせ下さい。

エコツアーやセミナーの開催など
気になる点や、ご不明な点などございましたら、
お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ