NEWSお知らせ

琉球銀行さまと協同で、ビーチクリーン&ビーチコーミングのプログラムを実施しました!

  • イベント
  • Facebookでシェアする
  • Hatenaでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • Google+でシェアする
  • Pocketに保存する

先週の2018年4月14日(土)に、地元沖縄の銀行「琉球銀行」さまとビーチクリーン&ビーチコーミングのプログラムを実施いたしました。

このプログラムは、琉球銀行も会員として参加する「日本の森を守る 地方銀行有志の会」の10周年イベントの一環として実施されたもので、今回「沖縄の銀行らしく、やるなら『海の森』であるサンゴ礁の保全に関わりたい」という琉球銀行さまの強い想いで実現しました。

今回のプログラムのコンセプトは「ビーチクリーニング、ビーチコーミングを通じてサンゴ礁の自然を知ろう、興味を持とう!」そして「知ったり、興味・関心を持ったり、それを発信したりすることが保全の重要な一歩であることに気付こう!」というもの。

当日は、午前は行員の方々とそのご家族、午後は新入社員の方々が交代でプログラムに参加。当日の様子を、写真でダイジェストでお伝えします。

まずは道沿いの海岸植物なども見ながら、集合場所まで移動。

キナワチビアシナガバチの巣を見せられてちょっとビビる子どもたち。シーミー(清明)シーズンのお墓の草刈りでこいつに刺されて痛い思いをしたことがある方も多いと思います。

まずは全体で挨拶&本日のプログラムについて説明。

ガイド陣。みな沖縄の自然・フィールドや生物学に明るいのはもちろん、それぞれが何らかのスペシャリスト(たとえばムカデとヤスデなど)です。

ゴミを拾ったり、バッタやトカゲ、植物などを見ながら進みます。アダン(両側にある植物、海岸に多い)の林をくぐり抜けると海に出ます。

ここで、ゴミはもちろんですが海岸に打ち上げられている様々なものを拾い集めます。

探してみよう!

何か面白いものを見つけた模様。

こちらも。

ちょっと見せてもらいました。マダライモ、イボシマイモ、ノシガイ、オオシマヤタテ、ハナビラダカラ、それにビーチグラスなどなど。ビーチグラスは人工物ですが、沖縄でこんなカチ割り氷みたいなビーチグラスしか見つからないのにも、ちゃんと沖縄の自然が絡んだ理屈があるのです。

こちらは午後の新入行員組の方々。真剣です。

でも楽しそう。

午前も午後も、行員の方やそのファミリーの方々から口々に「こんなにちゃんと浜を見て歩いたことはなかった!」とのリアクションをいただきました。

そして皆さんが拾ってきたものをネタにして、私たちがいろいろしゃべくります。

たとえば、サンゴという生き物について。

サンゴ礁の環境について。

子どもたちの好奇心に応えつつ、

もちろん、大人たちの好奇心にも応えつつ。

そして今回、みなさんで「飾りたくなるビーチコーミング標本」を制作しました。

ちなみにこれ、ただのインテリアではありません。

プログラムに参加した行員の方全員が、この中身については「サンゴ礁にまつわる何か面白い話」ができるようにしましょう!ということで企画しているので、銀行などの窓口などで見かけたら、ぜひ「これなぁに?」って聞いてみて下さい。

最後に、まとめの話をして記念写真を撮って終了!

こちらは新入行員の方々。なんかバラバラに見えますが、これは全員がスタンバイする前に弊社カメラの電池が切れてしまったためです。新入行員の方々のチームワークは抜群でした。

琉球銀行の行員の皆さま、ご家族の皆さま、ありがとうございました!

SNSでもお待ちしております。
気軽に遊びに来てください。

LINE@ でもお問い合わせを受け付けています。

  • LINE@
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter

お気軽にお問い合わせ下さい。

エコツアーやセミナーの開催など
気になる点や、ご不明な点などございましたら、
お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ