ナナフシの七不思議その①:「ナナフシモドキ」という名前の謎

シェアする

勢いで七不思議とか書いてますが、7つ思いついた訳ではありません。でも結構ナナフシネタは引っ張れそうな予感がします。とりあえずその①。

動物・植物を問わず、生物の名前(和名)には「◯◯モドキ」というネーミングがよく見られます。たとえば、

P1710062
クロイワトカゲモドキ

とか…

P2090399
トウヅルモドキ

とか。「モドキ」は「〜に似て非なる」という意味で付けられることが多いです。分類群的に近い場合もあれば、遠い仲間である場合もあります。

さて、「ナナフシ」という昆虫の名前を聞いたことがあるでしょうか?

P2090315
こんなの。ちなみに左が頭です(オキナワナナフシ Entoria okinawaensis

こういう感じで樹の枝や葉柄のフリをしてじっとしています。色は緑や茶色など。

P2090464
オオバギの葉脈のふり(?)をするオキナワナナフシ
P1930119
捕まってもまだ枝のふりをするナナフシ

ナナフシには様々な種類がいるのですが、

P1930138
コブナナフシ

実は、ナナフシの仲間(ナナフシ目)の名前の背負う本家本元の“ナナフシ”の和名がなんと「ナナフシモドキ」となっています(沖縄にはいません)。本物なの?偽物なの?と突っ込みたくなりますね。さらにおかしなことに、この「ナナフシモドキ」、別名で「ナナフシ」と呼ばれることもあります。

ナナフシ=ナナフシモドキ

なぜこんな事になっているか、種明かしをするとこうです。

「ななふし」とはもともと「七節」、つまり節くれだった樹の枝を指し、その樹の枝に大変よく似ている(うまく擬態している)昆虫に「七節もどき」という和名が与えられたというわけです。それが短くなって「ナナフシ」と呼ばれていると、こういう訳です。

DSCF8213

こんな体形ゆえナナフシの仲間は動きが速くなく、身を守る武器らしい武器も持っていません。ひたすら自分の擬態に全幅の信頼を置いてじっとしています。「昆虫版ナマケモノ」といったところでしょうか。

そんなナナフシを見つけるコツは、ひたすら「そういうモノ」がいるという前提で草木を見ること。いるところにはたくさんいて、1個体見つかると不思議と次々に見つかります。

(by 宮崎)DSCF0284

シェアする

自宅の裏の神社に夜行ってみたら、オカヤドカリのデカいのがわんさか…!

シェアする

大きいオカヤドカリは希少?

特に観光客の方の中には、「沖縄の生き物」と言えばこの「オカヤドカリ」を思い浮かべる方も多いと思います。

P1260688

多分、いや間違いなく、連続テレビ小説「ちゅらさん」のOPの影響でしょうね。Kiroroの「Best Friend」のピアノイントロとセットで記憶に残っている人も少なくないはず。

浜辺でよく見かけられるのは500円玉大のものが多いですが(ちゅらさんのOPもそのくらい)、このオカヤドカリ、実は結構大きくなります。

DSCF8234
このくらいあれば「大きい」と言って差し支えないかと

ただ、地元の方同士の話でも、大きい個体は「今はもうなかなか見ない」「北部か、離島に行かないといない」というのをよく聞きます。

ところが、那覇市内の僕の自宅のすぐ裏の神社に夜行ってみたところ、ちょっと参道をはずれた場所にこんなサイズのオカヤドカリがわらわら…

P2090207 (1)
スケールを置いていませんが、Lサイズの鶏卵より大きめ

めんどくさくなって1個体しか撮りませんでしたが、そこらじゅうにゴロゴロいました。

そう、オカヤドカリは大きくなると、かなり海から離れて棲む傾向があります。海岸から続く森なんかが残っている場所だと、浜辺には硬貨サイズしかいないのに、海抜50mも60mも登った森の中に大きいのがわらわら…ということがよくあります。

P1690108
南部の石灰岩林の個体

そう、森が海に繋がってさえいれば…ってあれっ?

※いつもは乱獲などのリスクを考えて希少な生物の生息地を載せない方針なのですが、オカヤドカリは数がいる割に天然記念物指定がかかっていて乱獲の対象になりにくいので載せています。

ポイントした場所がその神社なのですが、オカヤドカリが海まで行くルート…今はもう無いんじゃない?ということは、こいつら一体どこから来たの…?

オカヤドカリの生活史

ここで簡単にオカヤドカリの生涯について説明しておきましょう。

オカヤドカリは陸での生活にたいへんよく適応したヤドカリですが、もともと海に暮らしていたヤドカリの仲間から進化したと考えられています。そのため、普段の生活は森の中で大丈夫なのですが、子孫を残すには海に降りる必要があるのです。

夏の大潮の夜、満潮の時刻にオカヤドカリのメスは、受精し発生が進んだ(生まれる直前の)卵を抱えて海に降ります。

そして、波しぶきのかかる岩にしがみつき、波がかかるタイミングで卵を海に放ちます。卵は海に放たれたと同時に孵化し、「ゾエア幼生」と呼ばれる形態になります。その後、海中を漂う生活のうちに何度か変態を繰り返し、「グラウコトエ幼生」という形態に変化してはじめて貝殻を背負い、上陸します。

つまり、すべてのオカヤドカリは海で生まれて陸に登ってきた個体なのです。

住吉神社のオカヤドカリはどこから?

もう一度地図を見てみましょう。

一見海に近いですが、最寄りの海はほとんど岸壁しかない那覇港。そしてそこからの陸路には片側2-3車線の幹線道路が立ちふさがっています。ここで上陸して移動してくるとは、ちょいと考えられません。

西の方角にはマングローブ林があってそこにもオカヤドカリはいますが、かなり離れている上に間は数キロの間ずーっと人口密度の高い住宅街です。

もしかしてですが(と言うより、そうでないことを祈りますが)このオカヤドカリの個体群は、住吉神社から海までの道がつながっていた時の生き残りでは…?オカヤドカリはかなりの長命で、20-30年は当たり前に生きると言われています。ことによると50年くらい生きるかもしれません。やけに大きな個体ばかりだったのが気になります。

まぁオカヤドカリの移動能力はけっこう凄いので、もしかしてこう見えて海から移動してこれるルートがあるのかもしれません。あるいは、子供が大量に捕まえてきて、裏山に離した…なんてオチかもしれません。

いずれにせよ、ここのオカヤドカリ個体群にはちょっと興味を引かれます。周辺の地理を含めて、もう少し追ってみようと思います。

(by 宮崎)DSCF0284

シェアする

沖縄ではもう4月からセミが鳴き始めています!日本最小のセミ「イワサキクサゼミ」

シェアする

沖縄はもう梅雨の気配を感じるようになりました。連日蒸し暑い日が続いています。

さて、少し前から沖縄では、草むらの中から「アンプのノイズ」のような音が聞こえ始めています。バンド練をしていて「誰かアンプ鳴ってな〜い?」「あ、ホントだ。もー誰よ?俺じゃないよ。ほら」「シールド傷んでんじゃね?」みたいな感じで延々と原因探しをさせられるあのノイズに、ほんとにそっくりな音。

実はこれ、セミの声なんです。と言ってもクマゼミやアブラゼミなど夏を代表する大型のセミの仲間ではありません。

P2090103
イワサキクサゼミ Mogannia minuta

これは、「イワサキクサゼミ」という小型のセミの仲間の鳴き声。

声はどこで鳴ってるかイマイチ分かりにくい(音響定位しにくい)音ですが、よく聞いているとたいていは高い樹の上からではなく、目線より下の方から聴こえてきます。

P2090858
その名の通り草の上にとまるイワサキクサゼミ

そう、「クサゼミ」の名の通り、このイワサキクサゼミは主にイネ科などの草に止まって鳴いています。

P2090104
緑色の翅脈(しみゃく)と黒地に金の体毛が美しい

草に止まるだけあって体も小型で、日本に分布するセミの中では最小の種になります。ちなみに「イワサキ」の方は石垣島測候所長であった岩崎卓爾氏の名前から。

P2090111 (1)
サイズはこんな感じ。本当に小さいです

主に午前中に活動し、午後はピタリと鳴き止んでしまいます。

沖縄県内のR大学の生物専攻の学生さんの中にも「見たことない」「声も聞いたことがない」という方が多いですが、学内にもいっぱいいます。そういう学生さんは大抵、午前中の授業を全部落としたりしています(笑)

シェアする

砂浜に落ちている、キレイに穴が空いた二枚貝の最期が壮絶すぎる件

シェアする

皆さんは、二枚貝の殻にこんな感じでキレイな円形の穴が開いているのを見たことがありませんか?

IMG_6276

工作機械で開けたようにしか見えないキレイな円形のこの穴。よく観察すると外側が広く、内側が狭くなっています。さらによく観察すると、この穴が開いている位置はほぼ10割方、貝の蝶番の部分(2枚の殻が繋がっている部分)であることが分かります。こんなことをする犯人はさて一体誰なのか…?

実は、犯人も同じく貝の仲間なのです。

IMG_6284
ツメタガイ Glossaulax didyma

こんな貝が砂浜に落ちているのを見たことがありませんか?

IMG_6285
下面はこんな感じ

ツメタガイというタマガイ科の巻き貝の仲間で、生きている時は殻から肉がはみ出んばかりの肉厚な貝です(リンク先のwikipediaの写真、とてもいいですね)。

こいつは獲物の二枚貝を見つけると軟体部で包み込み、歯舌(しぜつ)と呼ばれる貝の持つ”歯”を使ってゴリゴリと殻に穴を空け、そこから中身を残らず食べてしまいます。

これ、二枚貝からするとちょっと想像したくない最後ですよね。二枚貝は貝柱と呼ばれる強力な筋肉を使って殻を閉じることで身を守るのですが、なにしろツメタガイ相手にはそれが全く通用しません。必死で殻を閉じて守りを固めている横から、何の抵抗もできないまま穴を空けられてむさぼり喰われてしまうのですから…。

ちなみに二枚貝の天敵はいっぱいいます。タコやヒトデはガチンコ勝負で殻をこじ開けにかかるし、カワハギなど強靭な歯で殻を割って食べる魚もいます。でも、想像すると個人的にはツメタガイにやられる最期がいちばん嫌ですね。

P1260089 (2)
ホント、いい仕事してます

ちなみに、貝の蝶番の近くを狙って穴を空ける理由もちゃんとあって、早い話がここが一番殻が薄くて短時間で穴が開けられるからです。二枚貝は蝶番でくっついた部分から広がるようにして貝殻を大きくするので、この部分は貝殻が小さかった時の名残で貝殻の厚みが他と比べて圧倒的に薄いのです(下図)。

DSCF0476 (1)
赤い部分が小さいころの貝殻

同じタマガイ科には巻き貝を食べる種類もいて、この場合も貝殻が最も薄い場所を狙います。巻き貝で殻が一番薄い場所はどこか…?皆様も一緒に考えてみて下さい♪

IMG_6348

ちなみに、この貝は沖縄にはいません。上のツメタガイの殻の写真を撮ったのはこの神奈川県の逗子海岸という所。

IMG_6456

この辺は神奈川県でも地魚がうまい所でもあります。じゅるり。マアジの叩きとか、沖縄にいると時々無性に食べたくなりますね。

さて、ツメタガイは沖縄に分布しないと書きましたが、同じタマガイ科の貝は何種か分布しております。そのうちの一つがこちら。

P1260172
ホウシュノタマ Notocochlis gualteriana

サイズは小さいですが、こちらもツメタガイに負けず劣らず二枚貝を襲う獰猛なハンターです。

おまけに。

干潟でこんな形の物体を見たことがあるでしょうか。よく観察すると砂が固められてできています。

P1260286

実はこれ、タマガイの仲間の卵塊で、砂と粘液を混ぜあわせ、そこに微小な卵を埋め込んで作られています。産んだ卵が外敵におそわれないようにこんな物を作ると考えられています。

P1260200
サイズがだいぶ違う2タイプが見られます。別の種類のタマガイのものか?

その形状から、この卵塊のことを「砂茶碗」と言ったりします。

ツメタガイやタマガイ類の生きた個体を探すのにはちょっとコツが要りますが、穴が空いたアサリ・ハマグリや砂茶碗なら、生息地の海岸ならちょっと歩くだけで大変手軽に見つかります。皆さんも是非探してみて下さい。

(by 宮崎)

DSCF0284

シェアする

こんなヒトデ、見たことないですか?腕が1本だけ長いやつ!

シェアする

ヒトデの仲間には、◯◯ホウキボシという名前のつくヒトデが何種類かいます。あるいは、「ホウキボシ科」というグループもあります。

IMG_8308
アオヒトデ Linckia laevigata アカヒトデ目ホウキボシ科

ヒトデは英語で”sea star”。「星」ならともかく、「ほうき星」とはこれいかに??

実は、こんな感じのヒトデがいるんですね。

IMGP1267
ゴマフヒトデ Linckia multifora

これなら文句なく「ほうき星」!!(ドヤ顔)

…うーんどうだろう^^;?アスキーアートの「☆彡」を想像してるとちょっと気持ち悪いかもしれません。ヒトデの5腕のうちの1つが異様に大きくなっています。というか、より正確にはその逆ですね。

実はこれはゴマフヒトデの本来の姿ではなく、腕がちぎれて1本になったあと、他の4本の腕が再生している途中なのです。このまま腕が成長していけば、5本とも同じ長さにまで成長します。このような成長(再生)途中の形態を「コメット comet」といいます。英語で「ほうき星」の意味ですね!

「コメット」になる種類は限られていて、ホウキボシ科であってもコメットにならない種類もいます。例えば、先に出てきたアオヒトデは超普通種ですが、コメットになっている個体はついぞ見かけたことがありません。コメットをつくる種類は一説には、自ら積極的に腕をちぎって増殖(無性生殖)していると言われています。

(宮崎)

DSCF0284

シェアする